忍者ブログ
日々のひとりごとなど。
[187]  [188]  [189]  [190]  [191]  [192]  [193]  [194]  [195]  [196]  [197
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりにアートの木下くんの日記が更新されてました。
元気にアートを続けてる事がわかってちょっとほっとした。
新メンバーともうまくいってる、のかな?
新しい音源と、ツアーで福岡に来てくれるのを楽しみに待ってる。

今日は突然ですがCCCDについて私が思う事を。
ずいぶん前から書こう書こうと思ってたんですけど。
なかなか自分の思った事を書けなくて今まできてました。
まあ、今でも思った通りに書けるかと言うと…ん〜…。
まあとりあえずつらつらと書いてみます(笑)

例えば。
友達に「聞いてみて!」ってCDをダビングして(半分押し付けるように:笑)渡したり。
また渡されたり。
そういう音楽との出会い方っていうのを無くしてしまうのは、さみしいなと思う。
そこからCDを買おうと思う人が出てくるかもしれないし。
まあ、そこで終わりになる可能性も充分あるんだけど。
もちろん、度を過ぎたコピーはダメだってわかってるし、しないですよ。
私だって汗水流して働いて、やっと手に入れたお金で買ったCDなんだから、
そんな簡単にタダでコピーしてあげるような事はしないです(ただケチなだけ?:笑)
CDが売れなくなったら好きなアーティストのCDも買いにくくなる、
もしくは買えなくなるかもしれない。
そんなのは嫌だから私は買ってます。…CCCDじゃなくてCDをね。

MX等は、タダで好きな曲が手に入ったり、レアな曲を発見できたり。
惹かれる要素はあると思うんですよね。
違法だと知らないまま手を出してしまった人も中にはいるんじゃないでしょうか。
でも、違法な手段やコピーで曲を手に入れて、それで済んでしまう曲ならば、
たぶん、そんなに何度も聞かないんじゃないだろうか、と思う。
例えば、CCCDみたいなものでそういう違法行為を抑制したとする。
まあ、今現在実際されてないんだけど。。。
その時に、それまでMX等で曲を手に入れていた人たちが正規のCDを買うようになるかというと、
必ずしもそうじゃないんじゃないか。
中にはちゃんと買うようになる人もいるかもしれない。
でも、大部分の人は「聞けなきゃ聞けないでいいや。」って思うんじゃないだろうか。
MX等のせいでCDが売れなくなっている、っていうのはレコード会社の言いがかりに近い
言い訳な気がしなくもない。
逆に、アーティストのCDをちゃんとお金だして買ったとしても、すぐに中古屋等に売ってしまう。
そっちの方が売り上げ減っちゃうんじゃないかと思うのは、私がひねくれてるだけ?

CDを買う基準というのは人それぞれだろうけど、ほとんどの方は、
何度も聞きたい、CDで持っていたいって思えるCDかどうかってところじゃないでしょうか。
1回聞けば満足するようだったら買わないもん。私は。
その延長線上で「好きなアーティストを応援する気持ちも込めてCDを買う」
っていう行為があるんじゃないかと思う。

でも…。
少なくとも今のCCCDの規格だと「好きなアーティストだから」という理由だけでは買う気にはなれないなぁ。
いくら大好きなシロップでも。バインでも。もちろんゆずでも。
もっとゆっくりじっくり新しい規格を浸透させていった方がよかったんじゃないでしょうか…。
まあ、それくらいレコード会社も今の売り上げ減少が不安だったんでしょうけどね(^^;
でも、今のままじゃ、なんちゅうか、百害あって一利無し、ですよね。

CCCDに変わる正規の規格が早く世に広まることでしか、解決策はないのかも。

なんかよくわからんくなってきてますねぇ(^^:
ほんとに。。。正直めんどくさい。いや、一番めんどくさいのはアーティストだな。。。
めんどくさいの一言じゃ片付けられない事なんだろうけど。

ああ。もっとわくわくして新譜発売を待ちたい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
トロ
性別:
女性
趣味:
読書
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.